Blog

梅田。

梅田くん。

マイケルって呼んでる(多分今は俺だけだろうな)俺の未だに付き合いのある中学からの友達の一人。

今回の音源のデザインと、今後も色んな制作物のデザインもやってもらおうと思ってる人物なのですが、その人のご紹介を。

俺がやっているバンドの藍坊主は、地元が神奈川県の小田原市の人間で、みんな高校時代からの知り合いです。

Bassの藤森とGtの田中は幼稚園の頃からの知り合いで、Drの渡辺はGtの田中と高校時代のクラスメイトだったりバンドメンバー同士だったりします。

その中で、いつも「同級生」くくりの話題についていけないのがわたくしhozzyで笑、地元は確かに一緒で同年代なんだけど、藍坊主メンバーの誰とも、小中高、学校が一緒だったことがなく、いわゆるほんとの「同級生」って言える人間がいないんだ笑。

藤森と以外は、高校卒業以降まで実はあまりちゃんと喋ったことさえなかったしね(だからなんだっていう話だけど笑)

ただ、色んなところで話まくりましたが、田中と渡辺は、僕らの世代の地元ではとても有名でした!
それぞれの楽器のうまさとか、表現の仕方とか、そういうので嫌でも、毎日名前が耳に入ってくるのです。
くそ悔しかったわ笑。
正直、こいつらをどうやっつけるかを目標に俺は毎日情熱を燃やしていた部分もありましたね。うん。
当時地元でも全く無名なヘタクソギタリストとしてはね。
うん。うん。

一緒にバンドが出来るようになるなんて夢にも思ってなかったですよほんと笑。

で、そんな地元時代のバンド話ではいつも僕は乗り切れない空気を味わっていたんですが、

私にもちゃんとバンドとしての青春時代がありまして、細々と色んなバンドやっていました。

で、中学の時初めて組んだバンドのメンバーだったのがマイケルこと梅田くんだったんです。
こいつなんも楽器できねえくせに、スタジオに行ってみたいからってキーボードやるっつって、メンバーになったんだ。
基本、コーラスやってたなあ。
おもしろかったなあスタジオ。あの時のスタジオ。楽器屋。
小田原にもちゃんとあったんだ。アビック。
コピーはその当時ラルクとLUNA SEAだったよね。
ぼくら。ほんとすきだった。
最後にブルーハーツやって、僕は根本が変わった。
作曲しようと思えたのも中学の終わりにブルーハーツやったからだな。僕はね。

ちなみに中学の時のバンド名は「バニーボーイズ」でした笑。
ばかだな。
くだらねえ。
けど
未だに螢田駅って地元の糞みたいなロータリーでオリジナル曲の録音を聴き合ったりとか、酒匂川って地元の川の護岸でミュージックステーションに出たらタ○リさんになんていう?って言ってたのを思い出します。

そういうリアル中学生で同じ時間を過ごした人間がマイケル君で、その後大人になっても信頼できるやつってなかなかいないから、そんな友達が今もいて僕はとても嬉しい。

そして、今はあんま言っちゃいけないらしいんだけど(ぼくらも大人になってしまったな)、でかい仕事にも今関わって頑張ってるから、ここでまたNormはマイケルくんの感性も借りて、俺みたいな糞ゴミミュージシャンだけじゃできないことを、やっていきます。

いくんだ。ゴミは、もえるんだよ。めらめらと。煙を残すんだ。

さて、今日はマスタリングします。

一曲はまだミックス終わってないけど、、、。

できたら試聴早めに上げれるようにします!

Norm/hozzy

関連記事一覧