Blog

線と箱の言語。

max prog from Norm on Vimeo.

(※動画の画質良くないので、VIMEOのボタンから飛んでもらえると多少見やすくなると思います、、、)

MAX MSP(今はMAX 7)っていう、簡単に音楽とか映像とかをプログラミングで制御していくことができるといわれているソフトがあって、何年か前に少しいじってみて、いやいや全然簡単じゃねえじゃねえか笑って、意味がわかなんくてすぐに放り投げてしまったやつがあったんですが、ここにきてもう一回挑戦してみたら、ちょっと解ってきてるようになってました、、、。ふふふ。

去年の今頃になんだかよくわからないけど、ふとやんなきゃって思って、C言語っていうコンピューター言語(プログラミング)の基礎っていわれてるやつをかじり始めてみたのが、功を奏したのかもしれません。

コードなんて到底書けませんが笑、

「比較演算子」「条件制御」なんて言葉がでてきてももう動じません!

このMAXってインテリ野郎なソフトなんですが、どうやらほんとにいろいろ面白いことができるみたいで、楽器が演奏できない人でも、変態な音楽や、思い描いたアイディアを自由に形にできるみたいで、俺みたいにずっと音楽やっているが故に、変に音楽の形にとらわれてしまってる人間にも、、というかむしろ、とても新鮮な感覚を与えてくれる気がしています。
ようやく、わかったよ笑。MAXさんのこの雰囲気が。

このページの動画ですが、今勉強している参考書を見ながら組んだマウスの位置で音階を操るプログラムを走らせてるのをキャプチャーしました。これを演奏と呼ぶのなら、呼ぶのでしょう笑。
Cキーだけ鳴るような設定。他にちょっとだけ使いやすいように改変してみました。

キーボードじゃなくてマウスの位置で音を出せるってすごいよね笑。こういうのを応用していったらいろんなものができそう。

Normの作品にこんなの取り入れるの、決定です!

変な音楽できたら、UPします笑。それでは!

Norm/hozzy

関連記事一覧