Blog

vi kaj mi。

今作ってる曲のことを考えながらさっき夜道を走ってたら浮かんできたイメージを、ざっとスケッチしてみました。

首つりみたいになってますが、そんな気分ではないです笑。たまたま線が入っちゃった。怖いな。
ここからキャンバスにこのイメージ移しながら自分がぐっとくるところまで描いていこうと思います。

去年、viridian&Scarletという曲を作っていて、完成させる前に全部リセットしようと思って破棄したんですけど、その曲ももう一回作ってみようと今作ってる曲歌いながら思いました。あの曲いいやっぱり。
今のテーマがその曲とも繋がっていて、この絵のイメージの曲も、何かと何かの対比と、その間にあるものをテーマにしています。

なんだか文章で書こうとすると小難しくなってきちゃうんだけど、今日のブログのタイトルの「vi kaj mi」って『あなたとわたし』とか『おまえとおれ』って意味のエスペラント語です。ヴィ カイ ミー。

今書いてる曲が、「お前」と「俺」の曲だったのでこのタイトルになりました。お前も俺も、どっちも自分のことなんですけどね。

「アローン」もそうなんですが、基本的にNormでは声量を落とした、落ち着いた歌い方で今後曲を構成していきます。
そうすることでしか歌う事が出来ない曲をNormで生かしてあげるためです。

バンドで歌う曲は、力強く自分が発声できる音域やリズム、バンドの演奏、音圧に負けないパワーがだせるものに限らせようと思っています。
そうじゃないとLIVEがしんどいねん笑。俺も、リスナーもしんどくなるだけなのはもう嫌なのだ。
バンドのカッコよさをお互い共有出来る音楽を、俺はバンドで表現していきたいと今は思っています。

音楽が出来るときって、何がどうなってるのか歌うまでわからないんですよね。
メロディーや歌詞は、俺の歌える制約なんて関係なく湧いてくるからね、、、。

今まではそれを無理矢理枠に当てはめて(やっぱりいいアイディアは捨てたくないので)、のちのち崩壊していく事がよくあったりしました。
完成してみたらイメージと大分ずれていたり、Liveでの再現性が乏しくなってしまったり。

これはとても哀しくてやるせないことで、俺も頑張ってみたんだけど、自分の欠点も持って生まれたものなんだなと思って、できることをやり易いように変えていくのがベストな事にやっと気づけたというか、ようやく最近自分を許して納得できるようになりました。

色々トライしてみると、ぐちゃぐちゃも整理できていくものなんだな。時間もかかる、、、。

今月も、1曲、2曲形にして発表出来たらと思うので、イメージイラスト含め制作物出来しだいどんどんアップデートしていきます。

次は結構ポップかも。

Norm/hozzy

関連記事一覧