Blog

間伐材のペン。

前回のライブで物販した木のペンをweb ストアでも販売開始しました!

地元、神奈川県の小田原市から出る間伐材を使ったペンです。

小田原の木の工房、La luz(ラルース)さんの協力のもとオリジナルのボールペンとシャープペンを制作していただきました。

 

ライブでも時間がなくてあまり話せなかったので、このペンを扱うまでのいきさつです↓

 

オリジナルの木の額縁を小田原の工場(杉三製作所さん)で作ってもらう頃から、工場から見える箱根の方の山の連なりが気になりだしたのがきっかけです。
これは以前もどこかで書いた気がしますが、あんなにたくさんの木があるという事は、素材としての木材もきっと豊富にあるのだろうという単純な思いつき。

どうせならひとつくらいは、自分たちがよく見ていた山の木を使ったアイテムを作ってみたくなる→

とはいえどうやったら木を仕入れたり、そもそも一個人が山に生えてる木を手に入れる事なんかできるのかも当然わからない状態だったので、、、

「ください!」っつって、もらえないのは俺にもわかります。
まずは色々な人に会いに行ってみました!

 

市役所の担当者の方々とか職人さんとか。

始めはなぜかミカン狩りツアーに参加するところから始まった笑。楽しかったですけど。

 

で、木材が欲しいんですけど!って話を方々でしているとそこには林業が深くかかわっていたりしていて、また自分が全然知らなかった世界に少し足を踏み込む事になるのでした。

皆様親切にしてくださってありがとうございました、、、。

 

林業って小田原だけじゃなくて、日本全国色々と複雑な問題があるようですね。

環境保全の為の山の整理(間伐)も、需要と供給のアンバランスさもあいまって簡単には行なえていない現状があるようです。

ほっとけば山が荒れてしまうけど、意外にも切った木の有用な活用法が現状あまりないらしく、そうなると買い手がないので、切れば切るだけ費用だけがかさんでいく、ということで木も安易に切れないってことらしいです。こんな単純にまとめてしまっていいのかしらとも思うけれど、ざっくりそうみたい。切ったまま山に放置なんてこともあるみたいで、地滑りの原因にもなってしまうんだとかなんとか、、、。

 

と、

 

別に自分は環境活動家でもエコ推進派でも全くない人間なので、こういうことに深く首を突っ込んでいく気は毛頭無かったんですが、

単純にすごくもったいないなあと思いました。

切ってしまっていい木があるのに、切らないなんて!というか切れないなんて。

海外の木をわざわざ輸入して割り箸とかにして使ってるのにね。

日本の杉の木ばんばん切り倒して使っていった方が、花粉症の僕の鼻や喉にも優しいのになあとか。これもざっくりだけど普通に思ってしまいました。

 

小田原の木も本当は今がちょうど切り時らしいのです。切っちまおうぜ〜。

と、そういう話をふらふらと聞き歩いていた中で、お会い出来たのが冒頭のLa luzさんだったのでした。

しかも小田原の山から出る間伐材を使った製品を手がけているという!素敵です。

当然、小田原の木材もストックされているので、俺が山から木をもらってくる必要もなくなったのでした。

思えば、丸太を「はい、どうも」って受け取っても、「これどうしよう」ってなる訳で、木を手に入れてどこに置くのかとか全く考えてなかったぜ。

 

2重でLa luzさんに感謝でございます。

 

とりあえずどんな流れでこのペンを作ってもらったのかを書かせてもらいましたが、正直使ってもらう人にはあまり関係ないことだとも思ってます笑。

僕のエゴが90%の制作物。エコよりエゴ。

 

ただ作ってもらってビックリした副次的な?このペンの良さについて。

普通にすごく良い匂いがします笑。ペンなのに!

たぶんまだ切りたてなのかな。新鮮なんだと思う。

ペンはヒノキを成形したもので、手触りはまさに木です。これは予想通りで、とても良かった。

紙ヤスリとかで数回さっと撫でるとまた匂いが強く広がって、やみつきになるよ。

是非手に取って欲しい一本。

これからペンだけじゃなくて、小田原の木をまた使ったオリジナルアイテムを藍坊主共々、La luzさんに一緒に作ってもらえたらと、期待を抱いています。

こんなの欲しいとかもしございましたら、ご連絡ください。アイディア募集中です笑。

 

Norm/hozzy

関連記事一覧