Blog

飛田柑橘園さん

前回の記事更新、またその前と同じような事をつらつらと書いちゃったので、もう展示会の話にちゃんといきます!いったりきたりしながら書きます。

飛田柑橘園さんについて。

会場では柑橘やハーブの香りをオリーブオイルに封入した「香味オイル」を持って参加していただきました。

”パンを持参してきてください”というアナウンスの答えは、あの会場の雰囲気の中でこのオイルを味わって欲しかったからです。

想像以上に違和感なく笑、皆さんや、俺らも、パン食ってる光景が会場に馴染んでいて、見ていて幸せでした。

パンより俺はご飯派なんだけど、パンって幸せの象徴みたいだよね。美味しい時は特に。

食べた方は解ってくれると思うんだけど、すごい香りの抜け方じゃなかったですか?

あれは飛田さんが農家の人だから作れる香りの出し方らしいです。

”抜け方”って表現がうまくないんだけど笑、”香りの鼻からの抜け方”みたいな意味です。

農家の人は、例えばみかんを出荷するときのタイミングって見た目もだけど、香りで判断したりもするらしく、この香りが良いときって本当に良いんですと。それを自分たちだけしか感じられないのは勿体ない、ということで農家以外の人にもこの特別感を味わって欲しいというのが、飛田さんオイルのコンセプトのひとつ。

なのでオイル自体には味がついていなくて、香りだけを付けているからさっぱりもしている。

で、初めてオイルを試食させてもらった時から、僕はファンになっちゃったのよ。

飛田さんとの出会いは、NORMの2回目のライブでアイテムとして持っていった”間伐材のペン”を作ったあとに、木の匂いがあまりにも気持ちよくて、もっと匂いにフィーチャーしたものを作ってみたいと思って地元小田原の市役所の方に相談に行ったのがきっかけでした。

こんなことを市役所に相談しにいくのが正しいのかはわかりませんが笑、

対応してくれた職員の皆さんには今も感謝がつきません、、、。

その中で、アロマ製作をして活動している人はいませんか?とか、

他にも匂いを中心にした制作物を扱っている会社はありませんか?とか、

質問していて、そしたら色々調べてくださって、飛田さんの話があがり、アロマとかではないけれど”香り”に関連したものを作っている方だから一度会ってみては?と紹介していただいたのが縁の始まりでした。

すぐさま連絡をしてくれて、数日後には小田原の隣にある湯河原町の飛田さんの農園にお邪魔したのでした。

市役所の方も一緒に来てくれて笑、楽しかったです。

Twitterにも記録あったな↓この日ですな。

https://twitter.com/NormGallery/status/852074839837782017

そこで初めて飛田さんとお会いして、あのオイルをね、パンにつけて食べさせてもらって、「うおー!!」ってびっくりしたんですわ。

ちなみに、小田原はみかんも名産と言われているんですよ。

レモンも有名。

Sitralだね(強引)

と、この日からまた少し時間が経った後に、飛田さんからAROMA VITA+さんを紹介してもらったのでした。

こうやってだんだん繋がっていったんだ。

次はAROMA VITA+さんとのことを。

NORM/hozzy

関連記事一覧