Blog

Viridian & Scarletの緩やかな完成までについて。

とりあえずNORM久々の曲、一曲完成したので、聴いてもらえるようにアップロードしました!

「Viridian & Scarlet」

ほとんど歌は入ってません笑

というか、歌詞もない。

歌う部分もメロディーを乗っけているのみです。

「昔描いたこの曲のイメージ」

この曲NORMの活動を開始してから間もない頃に原曲はほぼできてました。

この曲で描きたかったのは「夜明けから日が昇るまでの時間」であります。

時間をなぜ太字にしたかというと、音楽は絵と違って時間の移り変わりを表現することができるからです。

素晴らしいアドバンテージ。

逆に絵画の中で時間を表現しようとした画家にシャガールがいます。

音楽を演奏している人間らしき魅力的な謎の存在がよく絵に登場してきている。

シャガール好きです。

音楽は、時間を表現することに適している。

その通りで、場面転換することができる。

夜明けの時間と、日が昇る前の空が明るくなってくる時間。

どちらも魅力的な時間。

卵。

これ2015年の10月に書いたブログ。

この時の曲だと思うと、ものすごくあっためたかのような曲ですな笑。

3年以上前の曲だったとは。

NORMを開始した当初は「やりたいと思ったことを何でもやる活動です!」とか言ってたけど。

ぶっちゃけ、何をやりたいのかもよくわかってなかったのが90%でした笑。

知ってましたか?

バレてたかな。わかってたかな。

とりあえず愚痴吐きまくりながら、またなんか始めようとしていただけだった。

よくわかってなかったけど、とりあえず何か始めなきゃ感性が完璧に途絶えてしまうと思ってNORM始めたのでした。

それでもトライアンドエラー、闇雲に色々制作をしてきて、予想外の反応を皆さんからもらえたりもしたりして、だんだんとこの活動もまともになってきたような気もしてます。

「やんなくてもいいけど、やってもいい活動」って最高でしょ笑。

肩肘張ってなんかやるのはもうまっぴらだし。

音楽はさ、誰もが気軽に楽めて、かつ行きたかったら潜れるような状態にしておかないとね。

重苦しい形に支配されたら元も子もないものですからね。

 

さて、そして3年の時を経て、その間に経験してきた様々な出来事を血肉にして、ようやくViridian & Scarletが完成したのだった。

繰り返しになりますが、Viridian & Scarletってのは明け方の空の色のことです。

青緑と赤の深い色。

曲の途中で展開が落ち着いて、シーンが移り変わってからがScarletです。

こんな説明は無粋かもしれませんが一応補足。

 

歌詞があったら壊れてしまう景色と時間。

それを、自分が好きだなーって思う音色でアレンジしてミックスしたのが今回の音源です。

 

こんな風に、いつもの流れだと外れてしまうような感覚の曲を発表できる場所があることに改めて感謝をしてます。

藍坊主で俺は売れたい!

んで、こっち(norm)は心のまま、何も考えずに表現を残していきたい。

藍坊主の新曲「レタス」もノームの感覚、みなさんとのあのライブとかの時間があってこそ作れたスーパーパッションナンバーだ。

冗談抜きで、このパラレルワークは俺にとってもはや不可欠、最強になりつつある感じです。

どこまでも深みを追求していきたい。

俺にとっての目指すてっぺんは二個あるよう。

一個しか選べないとしたら、どっちを選ぶかなあ。

どっちだと思う?

選べないよなあ笑

NORM/hozzy

関連記事一覧